感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
千種図書館は工事のため、令和4年8月4日から臨時休館します。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

現代ファイナンス理論

著者名 野口悠紀雄/著 藤井真理子/著
出版者 東洋経済新報社
出版年月 2005.06
請求記号 338/00190/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0234693901一般和書2階開架人文・社会在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 338/00190/
書名 現代ファイナンス理論
著者名 野口悠紀雄/著   藤井真理子/著
出版者 東洋経済新報社
出版年月 2005.06
ページ数 242p
大きさ 22cm
ISBN 4-492-65331-7
分類 33801
一般件名 金融
書誌種別 一般和書
内容注記 文献:p233〜237
タイトルコード 1009915021936

要旨 本書は、現代的ファイナンス理論のうち、とくに資産の価格付け理論にかかわる部分に焦点をあてて論じている。現代的な価格付け理論においては、「確率的割引ファクター」という概念が用いられる。確率的割引ファクターの値が知られているなら、それを用いてあらゆる資産の価格付けが統一的にできる。本書は、確率的割引ファクターを用いる価格付け理論の最新の展開を踏まえている。相対的価格付け理論、絶対的価格付け理論を論じ、「直交分解」の概念を用いて収益率を構成するさまざまな要素を概念的に明確に区別して把握する。
目次 1 不確実性下の経済モデル
2 ファイナンス理論の伝統的アプローチ:平均・分散フロンティアとベータ価格式
3 資産市場の理論
4 ファイナンス理論の基本定理と相対的価格付け
5 消費ベース・モデルによる絶対的価格付け
6 資産収益率の直交分解と平均・分散フロンティア
7 価格と収益率に関する一層の考察
数学解説編
著者情報 野口 悠紀雄
 1940年生まれ。東京大学工学部卒業、カリフォルニア大学(ロサンゼルス)M.A.、エール大学Ph.D.。大蔵省、一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授等を経て、2005年4月より早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。主要著書に、『情報の経済理論』(東洋経済新報社、1974年、日経・経済図書文化賞)、『予算編成における公共的意志決定過程の研究』(共著、大蔵省印刷局、1979年、毎日新聞社エコノミスト賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、1980年、サントリー学芸賞)、『土地の経済学』(日本経済新聞社、1989年、東京海上各務財団優秀図書賞、不動産学会賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
藤井 真理子
 1955年生まれ。東京大学経済学部卒業、ブラウン大学経済学部博士課程留学。1977年大蔵省入省、理財局、主計局、大臣官房、関税局国際調査課長等の勤務を経て、2001年より東京大学先端経済工学研究センター教授、2004年4月より同先端科学技術研究センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。