感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 4 在庫数 4 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

自白の心理学 (岩波新書 新赤版)

著者名 浜田寿美男/著
出版者 岩波書店
出版年月 2001.03
請求記号 3276/00027/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0233833367一般和書2階書庫 在庫 
2 熱田2230788230一般和書一般開架 在庫 
3 2432106165一般和書一般開架 在庫 
4 瑞穂2930809666一般和書一般開架 在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 3276/00027/
書名 自白の心理学 (岩波新書 新赤版)
著者名 浜田寿美男/著
出版者 岩波書店
出版年月 2001.03
ページ数 208p
大きさ 18cm
シリーズ名 岩波新書 新赤版
シリーズ巻次 721
ISBN 4-00-430721-X
分類 32762
一般件名 自白   冤罪
書誌種別 一般和書
タイトルコード 1009911000631

要旨 身に覚えのない犯罪を自白する。そんなことはありうるのだろうか?しかもいったんなされた自白は、司法の場で限りない重みを持つ。心理学の立場から冤罪事件に関わってきた著者が、甲山事件、仁保事件など、自白が大きな争点になった事件の取調べ過程を細かに分析し、「自分に不利なうそ」をつくに至る心のメカニズムを検証する。
目次 序 自白と冤罪(冤罪は遠い世界の話ではない
冤罪のひろがり ほか)
第1章 なぜ不利なうそをつくのか(宇和島事件と自白
うそを引き寄せる磁場 ほか)
第2章 うそに落ちていく心理(甲山事件の出発点
自白へ向かって ほか)
第3章 犯行ストーリーを展開していく心理(仁保事件
録音テープと事件 ほか)
第4章 自白調書を読み解く(袴田事件
自白調書を読む(1)うそ分析(変遷分析) ほか)
著者情報 浜田 寿美男
 1947年香川県に生まれる。1976年京都大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、花園大学社会福祉学部教授。専攻は発達心理学および法心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。