感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

依存症と人類 われわれはアルコール・薬物と共存できるのか

著者名 カール・エリック・フィッシャー/[著] 松本俊彦/監訳 小田嶋由美子/訳
出版者 みすず書房
出版年月 2023.4
請求記号 4937/03698/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0238223937一般和書2階開架自然・工学在庫 

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

カール・エリック・フィッシャー 松本俊彦 小田嶋由美子

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 4937/03698/
書名 依存症と人類 われわれはアルコール・薬物と共存できるのか
著者名 カール・エリック・フィッシャー/[著]   松本俊彦/監訳   小田嶋由美子/訳
出版者 みすず書房
出版年月 2023.4
ページ数 13,344,83p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-09602-3
原書名 原タイトル:The urge
分類 49374
一般件名 依存症-歴史
書誌種別 一般和書
内容紹介 依存症は「病気」なのか? それとも差別や疎外に苦しむ者に刻印されたスティグマなのか-? アルコール依存症から回復した精神科医が、依存性薬物と人類の3000年の攻防の歴史を圧倒的な筆力で描く。
タイトルコード 1002310004261

要旨 ある時代には酒や薬物に耽溺することは「堕落」と見なされ、ある時代には「下級階層の流行病」と見なされた。またある時代には、たとえ同じ薬物でも、特定のコミュニティで使用すれば「医療」だが、別のコミュニティに属する者が使用すれば「犯罪」と見なされた。アルコール依存症から回復した精神科医が本書に描くのは、依存症の歴史であり、その概念の歴史である。自身や患者の体験、過去の有名無名の人々のエピソードに加え、医学や科学のみならず、文学、宗教、哲学にまで踏み込んだ豊饒な歴史叙述によって、依存性薬物と人類の宿命的な繋がりが浮かび上がってくる。依存症は「病気」なのか?それとも、差別や疎外に苦しむ者に刻印されたスティグマなのか―?圧倒的な筆力で依存症をめぐるさまざまな神話を解体し、挫折と失敗に彩られた人類の依存症対策史をも詳らかにする。『ニューヨーカー』ベスト・ブックス・オブ・2022。
目次 第1部 名前を探して(出発点―「依存症」以前
エピデミック
意志の病)
第2部 不節制の時代(憑依
アメリカ初のオピオイド・エピデミック
ジャンキー)
第3部 現代の依存症のルーツ(近代アルコホリズム運動
よい薬物、悪い薬物)
第4部 試される依存症(リハビリテーション
ゼロ・トレランス
依存症を理解する)
結論 回復
著者情報 フィッシャー,カール・エリック
 依存症専門医、生命倫理学者。コロンビア大学臨床精神医学助教授、法律・倫理・精神医学部門勤務。瞑想とマインドフルネスを用いた統合的アプローチによる依存症治療を中心に、精神科の個人診療を行っている。コロンビア大学のサイエンス・ライティング集団「ニューライト」に所属し、「ニューヨーク・タイムズ」「ワシントン・ポスト」「ガーディアン」などに寄稿している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
松本 俊彦
 精神科医。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部長。1993年佐賀医科大学卒。横浜市立大学医学部附属病院精神科、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所司法精神医学研究部、同研究所自殺予防総合対策センターなどを経て、2015年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
小田嶋 由美子
 翻訳家。明治大学大学院法学研究科修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。