感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 19 在庫数 0 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

逆説の日本史 27  明治終焉編

著者名 井沢元彦/著
出版者 小学館
出版年月 2022.10
請求記号 2101/00003/27


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0238159883一般和書1階開架 貸出中 
2 西2132616828一般和書一般開架 貸出中 
3 熱田2232501268一般和書一般開架 貸出中 
4 2332364146一般和書一般開架 貸出中 
5 2432716187一般和書一般開架 貸出中 
6 中村2532370331一般和書一般開架 貸出中 
7 2632499840一般和書一般開架 貸出中 
8 2732447665一般和書一般開架 貸出中 
9 千種2832305995一般和書一般開架 貸出中 
10 瑞穂2932581164一般和書一般開架 貸出中 
11 中川3032469029一般和書一般開架 貸出中 
12 守山3132621313一般和書一般開架 貸出中 
13 3232547103一般和書一般開架 貸出中 
14 名東3332733074一般和書一般開架 貸出中 
15 天白3432499097一般和書一般開架 貸出中 
16 山田4130931837一般和書一般開架 貸出中 
17 4331570905一般和書一般開架 貸出中 
18 富田4431495797一般和書一般開架 貸出中 
19 志段味4530941055一般和書一般開架 貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 2101/00003/27
書名 逆説の日本史 27  明治終焉編
並列書名 THE PARADOXICAL JAPANESE HISTORY
著者名 井沢元彦/著
出版者 小学館
出版年月 2022.10
ページ数 365p
大きさ 20cm
巻書名 明治終焉編
ISBN 978-4-09-388885-1
分類 21004
一般件名 日本-歴史
書誌種別 一般和書
内容紹介 老骨の身にムチ打って「憎まれ役」を引き受けた明治の元勲の苦悩。「韓国併合」に反対だった伊藤博文の「絶望」とは-。韓国併合と大逆事件の謎に迫る。『週刊ポスト』連載の単行本化第27弾。
タイトルコード 1002210051880

要旨 「憎まれ役」を引き受けた明治の元勲の苦悩。「韓国併合」に反対だった伊藤博文の「絶望」とは?
目次 第1章 大日本帝国の確立1 韓国併合への道―日韓両国に不幸を招いた暗殺者の凶弾(わが国独自の「天皇」の存在を表現する苦肉の策だった「大日本帝国」という国号
じつは明治維新以来ずっと「綱渡り」を強いられた大日本帝国
国家の財政健全化を成し遂げた一方で多くの農民を犠牲にした「松方デフレ」 ほか)
第2章 大日本帝国の確立2 「好敵手」中華民国の誕生―“強運の男”孫文を支えた日本人たち(辛亥革命、中華民国成立を陰でサポートした知られざる日本人実業家とは?
生涯かけて守り通した「我は財を挙げて支援す」という男の約束
梅屋庄吉が革命支援に投じた資金は2兆円!? ほか)
第3章 大日本帝国の確立3 「明治」という時代の終焉―許されざる国家の暴虐「大逆事件」(「日本史の最大の特徴は天皇の存在である」という重要な事実
晩年は糖尿病と慢性腎臓炎に悩まされていた明治帝
軍服が破れても靴に穴があいても修理して使い続けた「倹約家」 ほか)
著者情報 井沢 元彦
 作家。1954年2月、愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業。TBS報道局記者時代の80年に、『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。現在は執筆活動に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。