感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 2 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 2

書誌情報サマリ

書名

ふるさと美味旅籠 きららご飯と猫またぎ  (角川文庫)

著者名 出水千春/[著]
出版者 KADOKAWA
出版年月 2021.7


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 徳重4630736595一般和書一般開架 貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 F7/03388/
書名 ふるさと美味旅籠 きららご飯と猫またぎ  (角川文庫)
著者名 出水千春/[著]
出版者 KADOKAWA
出版年月 2021.7
ページ数 298p
大きさ 15cm
シリーズ名 角川文庫
シリーズ巻次 時-て12-1
ISBN 978-4-04-111342-4
分類 9136
書誌種別 一般和書
内容紹介 品川の小さな旅籠「虎屋」のひとり娘・明日葉の飼い猫が、隣の旅籠の平蔵が大切にしている砂絵を台無しにしてしまった。元通りに直すよう脅された明日葉は、描いた京の高僧・善空をふるさとの料理で歓待しようとするが…。
タイトルコード 1002110038755

要旨 品川の小さな旅籠「虎屋」のひとり娘・明日葉は、閑古鳥が鳴く店を盛り立てようと奮闘していた。ある日隣の旅籠「布袋屋」の平蔵が、「虎屋」に乗り込んできた。飼い猫のお駒が、平蔵の砂絵を台無しにしたというのだ。砂絵は、京の高僧・善空が特別に描いてくれたものだという。元通りに直すように脅された明日葉は、善空をふるさとの料理で歓待しようとするが…。心温まる料理と愛らしい猫が紡ぐ、書き下ろし長篇時代小説。
著者情報 出水 千春
 大阪府茨木市出身。大阪大学法学部卒。2020年、ハヤカワ時代ミステリ文庫より「吉原美味草紙」シリーズでデビュー。油彩画家である次女、出水翼のマネージャー役もこなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

1 きららご飯   5-51
2 白味噌仕立ての小鍋   52-98
3 ぱりぱりの薄皮折り紙   99-171
4 豊後臼杵の黄飯   172-228
5 茄子の揚げ煮   229-298
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。