感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
千種図書館は工事のため、令和4年12月19日まで臨時休館し、12月20日から部分開館します。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 18 在庫数 14 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

みかん、好き?

著者名 魚住直子/著
出版者 講談社
出版年月 2019.9
請求記号 913/21622/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0237514013じどう図書じどう開架 在庫 
2 西2132481157じどう図書じどう開架ティーンズ在庫 
3 熱田2232360251じどう図書じどう開架ティーンズ貸出中 
4 2332225891じどう図書じどう開架 在庫 
5 2432521066じどう図書じどう開架 在庫 
6 中村2532243140じどう図書じどう開架 貸出中 
7 2632358319じどう図書一般開架ティーンズ在庫 
8 2732297458じどう図書じどう開架 在庫 
9 中川3032324679じどう図書じどう開架ティーンズ貸出中 
10 守山3132484977じどう図書一般開架ティーンズ在庫 
11 3232400345じどう図書じどう開架ティーンズ在庫 
12 名東3332569288じどう図書じどう開架ティーンズ在庫 
13 天白3432359564じどう図書一般開架ティーンズ在庫 
14 南陽4230916639じどう図書じどう開架ティーンズ在庫 
15 4331456675じどう図書じどう開架 在庫 
16 富田4431408139じどう図書じどう開架 在庫 
17 志段味4530857731じどう図書じどう開架 在庫 
18 徳重4630648469じどう図書じどう開架 貸出中 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 913/21622/
書名 みかん、好き?
著者名 魚住直子/著
出版者 講談社
出版年月 2019.9
ページ数 174p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-517059-5
分類 9136
書誌種別 じどう図書
内容紹介 拓海の前に突然あらわれた、風変わりな女の子・ひなた。拓海の祖父が作るみかんに感動して東京から瀬戸内海の島までやってきたという。ひなたと祖父はどんどん仲良くなり、一緒にみかんを育てることに…。甘酸っぱい青春小説。
タイトルコード 1001910064109
司書のおすすめ 拓海(たくみ)がみかん畑で出会った、変な方言を話す女の子、ひなた。彼女は、拓海の祖父のみかんの味に感激して、東京から島の高校に進学したのだという。祖父となかよくなったひなたは、みかんの木を1本任され、拓海もいやいやながら畑を手伝うようになる。そこへ、同じ高校に通う柴(しば)が加わり、3人はみかん作りを通してつながっていく。『こんなほんあんなほん 2021年度版ティーンズ(中高生)向き』より

要旨 西村拓海の前に突然あらわれた、少し変わった話し方をする女の子・長谷川ひなた。拓海の祖父が作るみかんに感動して東京からはるばるやってきたという。困惑する拓海をよそに、ひなたと祖父はどんどん仲良くなり、いつのまにやら一緒にみかんを育てることに…。彼女に振り回されながら、みかん作りを通して少しずつ成長していく、瀬戸内海の島を舞台に、フツーの男の子・拓海と風変わりな女の子・ひなたが繰り広げるボーイ・ミーツ・ガール!
著者情報 魚住 直子
 1966年生まれ。広島大学教育学部心理学科卒業。『非・バランス』で第36回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。『Two Trains』(学習研究社)で第57回小学館児童出版文化賞、『園芸少年』(講談社)で第50回日本児童文学者協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。