感染拡大防止のため、本を読む前、読んだ後は手を洗いましょう。みなさまのご協力をお願いします。
詳細はトップページの「重要なお知らせ」をご覧ください。

検索結果書誌詳細

  • 書誌の詳細です。 現在、この資料への予約は 0 件あります。
  • ・予約するときは「予約カートに入れる」ボタンをクリックしてください。予約するには図書館窓口で発行したパスワードが必要です。
    ・「予約カートに入れる」ボタンが出ない書誌には予約できません。
    詳しくは「マイページについて-インターネットで予約するには」をご覧ください。

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

言語学から見た日本語と英語の慣用句 (開拓社言語・文化選書)

著者名 石田プリシラ/著
出版者 開拓社
出版年月 2015.3
請求記号 814/00243/


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。


登録する本棚ログインすると、マイ本棚が利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 資料種別 配架場所 別置 帯出 状態
1 鶴舞0236629390一般和書2階開架文学・芸術在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

請求記号 814/00243/
書名 言語学から見た日本語と英語の慣用句 (開拓社言語・文化選書)
著者名 石田プリシラ/著
出版者 開拓社
出版年月 2015.3
ページ数 14,215p
大きさ 19cm
シリーズ名 開拓社言語・文化選書
シリーズ巻次 51
ISBN 978-4-7589-2551-8
分類 8144
一般件名 日本語-慣用語句   英語-慣用語句
書誌種別 一般和書
内容紹介 言語学の観点から日本語と英語の慣用句を考察。両言語の慣用句の本質にかかわる3つの性質(形式的性質、文法的性質、意味的性質)を詳しく検討するとともに、日本語と、英語などその他の言語の慣用句の比較対照の方法も解説。
書誌・年譜・年表 文献:p203〜210
タイトルコード 1001410114661

要旨 一般に「慣用句」と認められるものは、構成語・文法・意味の面で「固定的表現」である。しかし、日本語と英語両言語の慣用句の中には、固定度が高い「典型的なもの」から、固定度が低い「周辺的なもの」までがある。また、日本語とその他の言語の慣用句の対応関係を明らかにするために、個々の構成語の「比喩性」を比較する従来の手法のほかに、それぞれの言語において共通の意味を持つ句の使い分けを手掛かりに、個々の慣用句間の共通点・相違点を明確にする手法が有効である。
目次 第1章 慣用句とは
第2章 「陰口をきく」のか「陰口をたたく」のか―慣用句の「形式的固定性」について
第3章 「打った手」と言えるが、「染めた手」とは言えない―慣用句の「統語的固定性」について
第4章 「手を打つ」の「手」は「手を焼く」の「手」と違う―慣用句の「意味的固定性」について
第5章 日本語の慣用句と世界の言語の慣用句―慣用句の比較対策の方法(1)
第6章 日本語と英語の“怒り”の慣用句―慣用句の比較対照の方法(2)
著者情報 石田 プリシラ
 カナダ出身。2002年、筑波大学大学院文芸・言語研究科博士課程言語学専攻修了。言語学博士。現在、筑波大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表:

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。